まな板は清潔に!家にある物できれいにしよう

まな板は清潔に!家にあるものできれいにしよう

まな板の清潔な保ち方。自宅にある物できれいに保つ

このコラムをシェアする

木製とプラスチック製の除菌方法

木製まな板とプラスチック製まな板とでは除菌方法が多少異なります。まな板の材質に合う除菌方法で除菌しましょう。
まず木製もプラスチック製も最初は食器用洗剤で洗います。木製は木目に沿ってこすりましょう。
次にプラスチック製のまな板は漂白剤を付けたら、むらなく広げます。そして少し放置したら再度洗い流し、食器用洗剤で洗います。
木製のものは熱湯をかけまわします。ここがプラスチック製と木製のまな板との違いになります。
木製のまな板に漂白剤をかけると、変色したり、黒ずんだりしますので気を付けてください。
最後にしっかり乾燥させます。しっかりと乾燥させなければ、またカビや雑菌の繁殖に繋がりますので、必ずしっかりと乾燥させてください。これで除菌は終わりです。ぜひ試してみてください。

木製とプラスチック製のまな板の特徴

木製のまな板はもともとが木でできているため、抗菌効果があります。さらに弾力性と柔軟性に富んでいるため、包丁を使用する際にははあたりが良いのが特徴です。ですから、切っていても手や腕が疲れにくく、包丁の刃を傷めにくいです。
さらに、食材の余分な水分は木が吸収してくれるため、食材が滑りにくいです。

プラスチック製まな板は、軽くて手軽に扱えるのが一番のメリットだと思います。さらに、お手入れも楽で漂白剤を使用できることが特徴です。
デザインも豊富で、いろいろなものがありますし、価格も安価なものが多いです。

このように、木製のまな板にもプラスチック製のまな板にも、それぞれにいいところがたくさんあります。除菌の際には、素材に合った方法をとり、正しいやり方をして長く使えるようにしましょう。